Celestron Edge HD 800 にファンを取り付ける

Celestron Edge HD 800 に温度順応のためのファンを取り付けたメモです。

Edge HD はシュミカセなので安定した観測のためには温度順応が必要になります。シュミカセの温度順応は1時間以上かかると言われていますが、できるだけ早く温度順応させるために、サードパーティ製品で、TEMP-estという小型のファンを取り付けるキットが販売されています。 鏡筒の通気穴(チューブベント)にファンを取り付けるというもので、面白い発想ですが、価格は165ドルとちょっといい値段です。 www.deepspaceproducts.com

日本で購入された方の記事によると、17mm角のファンが使われているようです。見た感じなんとなく自作できそうだったので、DIYしてみることにしました。 d.hatena.ne.jp

17mmのファンとなると非常に小さいので、PCパーツショップとかでは売っていないようでした。探してみるとマルツオンラインで、同じような17mm角のファンを取り扱っていました。マルツオンラインは、個人でも1個単位で注文できるので、電子工作のパーツ調達などに重宝します。 購入したのは、日本電産コパル電子の「F17HA-05MC」という型番で、1個1170円でした。私は8000rpmのものを購入しましたが、もう少し回転数が多い11000rpmのものもあります。 www.marutsu.co.jp

注文してから5日ほどで、こんな感じのパッケージで届きました。 f:id:shakemid:20170612085417j:plain

品物はこんな感じです。1円玉より小さい極小のファンです。こんな小さいファンは初めて見ました。 f:id:shakemid:20170612085614j:plain

ケーブル類はPCのパーツを流用することにしました。もっと安いパーツもあると思いますが、PC自作が趣味なので、こんな感じのパーツは余ってます。 f:id:shakemid:20170612085744j:plain

ファン用延長ケーブルのプラスチックのカバーは外してしまいます。ちょっと強めに引っ張れば外れます。黄色のケーブルは使わないので外してしまいます。 f:id:shakemid:20170612090312j:plain

ファンのケーブルに半田付けします。 f:id:shakemid:20170612093805j:plain

熱圧縮チューブで絶縁しておきます。 f:id:shakemid:20170612100300j:plain

鏡筒にこんな感じのチューブベントが2つあるので、ドライバーで取り外します。 f:id:shakemid:20170612110955j:plain

外すとこんな感じです。プラスチックのパーツに、金属製のメッシュが挟まっていました。 f:id:shakemid:20170612111225j:plain

鏡筒の中が見えます。鏡筒の中に何か落とすと取り出すのにかなり苦労しそうなので要注意です。 f:id:shakemid:20170612111236j:plain

二股電源コネクタのプラスチックのパーツを外します。これも少し力を入れて引っ張れば外れます。こちらも黄色のケーブルは使わないので外してしまいます。 f:id:shakemid:20170612101621j:plain

こんな感じでケーブルを通します。メッシュは端を折ってケーブルが通るようにします。 f:id:shakemid:20170612111825j:plain

二股分岐ケーブルに、プラスチックのパーツを再度取り付けます。赤と黒のケーブルの位置を間違えないように注意します。 f:id:shakemid:20170612112246j:plain

ファンを取り付けます。ちょっと不格好ですが針金で縛りました。寸法的には20mm角くらいのファンでも取り付けられそうな気がします。 f:id:shakemid:20170612113354j:plain

一方が吸気、一方が排気になるように逆向きにファンを取り付けます。 f:id:shakemid:20170612113941j:plain

鏡筒の中に、二股分岐ケーブルが付いていない方のファンの電源ケーブルを通します。なるべくグリスまみれのネジに触れないように注意します。 f:id:shakemid:20170612114442j:plain

チューブベントのパーツを取り付けます。ファンがきれいに収まっています。 f:id:shakemid:20170612115928j:plain

二股電源コネクタにファンの電源ケーブルを接続します。 f:id:shakemid:20170612114756j:plain

ふたをすると電源コネクタが外に出ている形になります。 f:id:shakemid:20170612114959j:plain

USBコネクタを取り付けて完成です。 f:id:shakemid:20170612115135j:plain

試運転。小さいファンですが風を感じるので、それなりに効果はありそうな気がします。 f:id:shakemid:20170612115747j:plain

材料費4000円弱でファンを取り付けることができました。惑星がよく見えるシーズンなので、きれいに見えるようになるといいなあ。

Celestron Edge HD 800 にガイドスコープを取り付ける

Celestron Edge HD 800 にガイドスコープを取り付けたメモです。

CELESTRON EDGE HD800-CG5 鏡筒 【国内正規販売品】

CELESTRON EDGE HD800-CG5 鏡筒 【国内正規販売品】

なんとなくオートガイドをやりたくなったので、Edge HD 800 にガイドスコープを取り付けることにしました。鏡筒にガイドスコープを取り付ける方法はいくつかありますが、今回は、BORGのファインダー台座(旧式の7755)をたまたま持っていたので、これを活用してみることにしました。

Celestron鏡筒のネジは、UNC規格(インチねじ)なのですが、近所のホームセンターでは売っていませんでした。なかなか店頭では売ってないようなので、モノタロウの通販で購入することにしました。日本で売られているほとんどすべてのネジが入手できるようです。さすがモノタロウ。Celestron鏡筒には、#8×3/4インチ程度の皿ネジが適合するようです。ネジだけ買うと送料の方が高くなってしまいますが、数百円の話なので目をつむることにします。 www.monotaro.com

鏡筒のネジを1本外してファインダー台座を取り付けてみたところ、ぴったりでした。ネジ1本での固定ですが、がっちりと止まっているように見えるので大丈夫そうです。 f:id:shakemid:20170606141830j:plain

ガイドスコープを取り付けたところです。 f:id:shakemid:20170606141937j:plain

ガイドスコープは 60mm, F/4 の安いのにしました。

オートガイダーは、シュミットで安売りしていた Celestron NexGuide にしました。

全体はこんな感じです。バランスは悪くない感じです。このガイドスコープで Edge HD 800 をガイドできるかは未知数ですがさてさて。 f:id:shakemid:20170606142000j:plain

Sky-Watcher EQ5GOTO をリチウムイオン電池で稼働させる

赤道儀用のバッテリーがへたってきたので買い換えたメモです。

Sky-Watcher EQ5GOTO を Celestron PowerTank 7 といっしょに2年ほど使用してきましたが、このところ1時間半くらいしかもたなくなってきました。本来は5時間程度もつようなので明らかに劣化しています。PowerTank は鉛蓄電池なので、1ヶ月に1~2回くらいは充電していたつもりでしたが、天気が悪い季節は1ヶ月以上放置してしまった気もするので、サルフェーションがおきてしまったようです。

Sky-Watcher EQ5 GOTO赤道儀(ステンレス三脚仕様)

Sky-Watcher EQ5 GOTO赤道儀(ステンレス三脚仕様)

EQ5GOTO にはバッテリーは付属しておらずDC12Vのシガーソケット用ケーブルが付属しているのみです。代理店のシュミットでは PowerTank を推奨されていたので同時に購入していました。 www.syumitto.jp

しかし、PowerTankをまた買い直すのも面白くない感じです。DC12Vなので理屈上は自動車用の鉛蓄電池とかでも動くはずですが、EQ5GOTOにはヒューズがなく、ちょっとした過電流で壊れてしまうので、DC-DCコンバータ(レギュレータ)を使わないといけないとの情報がありました。 ものぐさな私には鉛蓄電池の運用は面倒に思えてしまったので、リチウムイオン電池を検討してみることにしました。

情報を収集してみると、suaoki社の製品の評判がよいようだったので購入することにしました。PowerTank 7 の上位機種の PowerTank 17 より安く、電源容量は大きいのでよさげです。電源容量20000mAhという記載がありますが、これは11V換算です。通常のリチウムイオン電池は3.7V換算のことが多いようなので、3.7V換算すると約60000mAhになります。分かりづらいですね。モバイルバッテリーだと5000mAhくらいで大容量と言われますが、桁が違います。

上位機種で約2倍の容量のものもあります。こちらは3.7V換算で120000mAhという記載ですね。

20000mAh(11V換算)のバッテリーでEQ5GOTOを駆動してみたところ、3時間程度で5段階の目盛が1つ減りました。単純計算で、赤道儀だけならだいたい15時間くらいはもちそうな感じです。7000mAh(12V換算)の PowerTank 7 で5時間なので、3倍の15時間ならだいたい妥当なところです。 一晩なら余裕ですね。

EQ5GOTOのコントローラ(SynScan)の System Information メニューで入力電圧を確認したところ、12.2Vでした(PowerTankは12.4V)。機能に問題はなく、安定して動いているようです。

リチウムイオン電池なら、3ヶ月に1回充電すればよいようなので、ものぐさな私でも運用できそうです。

Solaris 11 で ShellCheck をビルドするメモ

ShellCheckシェルスクリプト文法チェッカです。文法チェックだけでなく、ダブルクォート忘れなども指摘してくれるので、コードの品質向上にも非常に役立ちます。

ShellCheckはWebブラウザ版もありますが、CLI版もあります。多くのLinuxディストリビューションにはパッケージがあるようですが、例のごとくSolarisにはないのでビルドしてみることにしました。

ShellCheckはHaskellで書かれているのでまずはHaskellコンパイラをインストールしないといけません。Haskellが入れば、cabal-install (Perlcpanみたいなもの)でShellCheckをインストールできるのですが、 cabal-install のインストールが曲者でした。

続きを読む

Solaris 11 で sslscan をビルドするメモ

sslscanSSL/TLSのサーバに対してプロトコルやCipherのチェックができるツールです。脆弱なCipherが有効になっていないかなどを手軽にチェックするのに役立ちます。
Solaris 11 でもビルドできたので手順をメモしておきます。sslscan は頻繁にバージョンアップされているので、できるだけ最新版を使うのがよいと思います。

続きを読む

Kyoto Tycoon を Solaris event ports に対応してみた

ドラクエXで使われてることなどで有名な Kyoto Tycoon をいじってます。周回遅れもいいところな気はしますが。
Kyoto Tycoon は軽量・高速なKVSで、もともとは Linux 上で開発されてますが、Solaris でも動作します。しかし、Linux では非同期IOに epoll が使われているのに対して、Solaris は select にしか対応しておらずパフォーマンスに劣ります。これはちょっと残念です。Solaris にも event ports という epoll に似た仕組みがあるので対応してみることにしました。
Kyoto Tycoon は2012年以降メンテされてないようなので、今なら Redis とか Couchbase あたりを検討した方がよいような気はしますが、非同期IOの練習ということで。

続きを読む

Fluentd on Solaris 10/11

このところ話題のログ収集ソフトウェア FluentdSolaris 10/11 で動かしてみたメモです。
RedhatDebian だと td-agent というパッケージが用意されていて、yum や apt でインストールできますが、Solaris には公式のパッケージがないのでソースからインストールしました。

続きを読む