読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unix/Linux

Solaris 11 で ShellCheck をビルドするメモ

ShellCheck はシェルスクリプトの文法チェッカです。文法チェックだけでなく、ダブルクォート忘れなども指摘してくれるので、コードの品質向上にも非常に役立ちます。ShellCheckはWebブラウザ版もありますが、CLI版もあります。多くのLinuxディストリビュー…

Solaris 11 で sslscan をビルドするメモ

sslscan はSSL/TLSのサーバに対してプロトコルやCipherのチェックができるツールです。脆弱なCipherが有効になっていないかなどを手軽にチェックするのに役立ちます。 Solaris 11 でもビルドできたので手順をメモしておきます。sslscan は頻繁にバージョンア…

Kyoto Tycoon を Solaris event ports に対応してみた

ドラクエXで使われてることなどで有名な Kyoto Tycoon をいじってます。周回遅れもいいところな気はしますが。 Kyoto Tycoon は軽量・高速なKVSで、もともとは Linux 上で開発されてますが、Solaris でも動作します。しかし、Linux では非同期IOに epoll が…

Fluentd on Solaris 10/11

このところ話題のログ収集ソフトウェア Fluentd を Solaris 10/11 で動かしてみたメモです。 Redhat や Debian だと td-agent というパッケージが用意されていて、yum や apt でインストールできますが、Solaris には公式のパッケージがないのでソースからイ…

仮想化ソリューションまとめ

代表的な仮想化ソリューションを網羅的にまとめたくなったので、備忘録としてまとめました。分類は私の脳内用語もあるかもしれないのでふさわしい用語があれば修正します。エミュレータやシンクライアントの領域のものもありますが広義の仮想化ということで。…

さくらのVPS de Solaris 11 Express

このところVPS業界ではさくらのVPSが話題になっているようです。月額980円という挑戦的な価格も魅力的ですが、Linux KVMによる完全仮想化を採用し、ユーザの責任でOSを入れ替えられる自由度の高さがマニア心をくすぐっているようです。 さくらのVPSは、KVM+Q…

OpenSolaris 2009.06 → OpenIndiana

このところ良くも悪くも動きの多いOpenSolaris界隈ですが、(ディストリビューションの)OpenSolarisの有力な後継と目されているOpenIndianaがついにリリースされました。 http://wiki.openindiana.org:8080/display/oi/Press+Release%28JP%29 OracleからもS…

OpenSolaris Night Seminar

OpenSolaris Night Seminarというイベントのため、サンの用賀オフィスに行ってきました。 http://jp.sun.com/company/events/2010/000467.html 「新入社員の OpenSolaris 奮闘記」と題して、サンの若手社員の方が、OpenSolarisエバンジェリストチームのサポ…

Samba → Solaris CIFS Service

最近のSolarisではCIFSサーバがカーネルに統合され、Sambaでのファイル共有相当の機能を実現できるようになっています。せっかくなのでSambaから移行してみることにしました。 自宅や小規模オフィスのファイルサーバとして使用することを想定して、導入手順…

Atom de OpenSolaris

自宅サーバのOSとしてSXCE(Solaris Express Community Edition)を使用していましたが、SXCEは10月で終了し、OpenSolarisに一本化されるようなのでOpenSolaris 2009.06に乗り替えることにしました。SXCE終了のアナウンス

Oracle to buy Sun

Oracle、Sunを買収 だそうで。IBMよりは事業分野が被らないのでよりベターなのかなと思います。OracleにハードウェアやOSをどこまでやる気があるのかはわからないところですが。 IBMの話が出たときと、今日も、日本Sunの中の人から雑談レベルで話を聞いてみ…

Dual Core Atom de Solaris

D945GCLF2に Nevada(SXCE) b98 をインストールしてみました。基本的に、D945GCLFと同じやり方で動作したので簡単にまとめておきます。 CPU Atom 330は2コア2スレッドなので、psrinfoなどで4つのCPUがあるように見えます。 $ psrinfo 0 2008/09/26 01:32:49 …

(2008/08/26追記) D945GCLFのNIC動作成功

http://solaris.sunfish.suginami.tokyo.jp/blog/2008/08/rge_driver_attach.html http://bugs.opensolaris.org/bugdatabase/view_bug.do?bug_id=6717107 「rge driver は attach し、Interface も plumb されている(ifconfig -a で見える)のに通信できない…

続・Intel Atom de Solaris - D945GCLFのNIC

1日格闘しましたがだめでしたorz RTL8102ELはまだ新しすぎてドライバが対応してないようです。PCI Express接続なのに100BASEしか対応してないという中途半端なスペックなので、なんでこんなのを採用したのか理解に苦しみます。 挫折してますが何かの役に立つ…

(2008/07/13追記) Open Sound System Driver

D945GCLFのオンボードのオーディオデバイスですが、OSS(Open Sound System)のドライバで音を鳴らすことができました。 これで、オンボードのNIC以外を除けば安定して動作することがわかったのでわりと安心して使えるプラットフォームといえるのではないでし…

(2008/07/04 追記) Intel® PRO/1000 GT Desktop Adapter 動いた

というわけで、Intel® PRO/1000 GT Desktop Adapter を購入しました。お値段\4,780。2,3年前は8500円くらいしてたような気がしましたがずいぶん安くなりました。 Solarisに付属のe1000gドライバで問題なく認識しました。 # devfsadm -i e1000g # ifconfig e1…

(2008/07/01 追記) GbE-PCI2敗北

はい、涙目orz GbE-PCI2を挿してみましたがそもそもハードウェアを認識しません。1回だけprtconf -pvで見えたような気がしましたが幻覚だったようです。しかもこのボードはマザーボードと相性がやたら悪いらしく、挿しているとかなりの確率でBIOS画面にすら…

Intel Atom de Solaris

Atomマザーが発売に、Intel製/Mini-ITXで8千円 Intel Atomを搭載したMini-ITXマザーボードが発売されたので買ってみました。ボーナスも出たことですし安いので。これまでMini-ITXといえばVIAが中心でしたが、いよいよIntelが低消費電力・小型化の分野に本腰…

Apache+FirefoxでWindows NTLM認証

もしかしてApache+FirefoxでNTLM認証ができるんでしょうか? IIS+IEでないとできないと思っていた、WindowsアカウントでWebアプリケーションにシングルサインオンなんてことができてしまうのでは。 【Samba TIPS】WindowsドメインとApache Webサーバー間での…

DRBDベンチマーク

DRBDのパフォーマンスを評価する機会があったのでメモしておきます。 DRBDはTCP/IPネットワーク越しにディスクのミラーリングを行うソフトウェアで、Linuxのカーネルモジュールとして実装されています。ネットワーク経由のRAID1と考えるとわかりやすいと思い…

続・mod_limitipconn

嗚呼勘違い。mod_limitipconnの動作を勘違いしていました。昨日作ったパッチは意味のないものだったのでなかったことにします。 わかりやすく解説しているサイトがあったので引用します。http://www.netnice.org/pukiwiki.php?mod_limitipconn より 制限を設…

mod_limitipconnで接続数制限

どうもmod_bwはアクセスされたタイミングではなくコンテンツを返すタイミングで帯域制御および接続数制御をしているようです。ゆえに、サイズが大きなコンテンツへの帯域制限には使えますが、重いCGIへのアクセス制限のような用途にはほとんど意味がないよう…

mod_bwで接続数制限

多数同時起動するとバックエンドのシステムに大きな負荷を与えるようなCGIプログラムがあって、Apacheで特定のURLに対する接続数に制限を設けるということを行う必要が出てきたので、帯域制限系のモジュールについて調べてみました。Apache全体に対する接続…

crontab -r

"crontab -e"と"crontab -r"の打ち間違いはいつかやるとは思ってましたがとうとうやってしまいました。よりによって会社のサーバでorz 幸い監視サーバだったのでサービスには影響なく、cronの実行ログを頼りにcrontabを書き直して事なきを得ました。特にお咎…

Nagiosで温度監視

空調整備の業者が間違えてサーバ室の空調を6時間にわたって止めてしまったので、商用サービスを行っているサーバがオーバーヒートでシャットダウンしてしまったということがありました。どうやらサーバ室の温度は40℃以上に達していたようです。幸い(じゃな…

ZFS

遅まきながらSolaris10で新しく導入されたファイルシステムのZFSを使ってみました。 ZFSはZettabyte File Systemという名の通りゼッタバイト(10^21バイト)のファイルを扱えるかと思いきや、扱えるのは16エクサバイト(10^18バイト)なのですが今の基準で考える…

起動しない

自宅サーバにパッチを当てたらOSが起動しなくなりました。 Solarisともあろうものがなんという有様でしょうか。 困ったのう。

Cygwinにjperlをインストールするメモ

今さら使いたくもないし使うべきでもないですがjperlを使う羽目になってしまったので役に立つとは思えませんがCygwinにインストールする手順を書きます。 とはいえPerlがインストールされていない環境にスクリプトといっしょに持って行ってちょちょっと日本…

Cygwinに茶筌をインストールするメモ

・Cygwinのパッケージのchasenがどうもうまく動かない ・Perlモジュール(Text::ChaSen)がほしい というような理由でソースからインストールすることにしました。 chasenの最新バージョン2.3.3はDartsやlibiconvをインストールする必要があったりソースコード…

CygwinにGETAをインストールするメモ

仕事で連想検索エンジンGETAを使った検索システムを作ってます。 ふつうの検索エンジンでは単語の一致で検索を行いますが、GETAでは文書中の単語の出現頻度を用いて検索を行います。 使用事例として、ASCII24では類似しているニュース記事の検索に使用されて…

ActivePerl

Windows用のPerlというイメージが強いActivePerlですが、Solaris版もあることを知ったので入れてみました。 インストールはpkgaddで楽々。 # gzip -d ActivePerl-5.8.7.815-x86-solaris-5.10-gcc-211909.pkg.gz # pkgadd -d ActivePerl-5.8.7.815-x86-solari…

Sun Studio 11

いつの間にやら純正コンパイラまで無償提供されていたんですね。 はじめから入っているgccだとコンパイルできないものがたまにあるので入れておくとしましょう。 元々3000ドルで売ってたそうですがSunは大丈夫なんでしょうかね。 Sun Studio 11 (ユーザ登録…

ハードウェア監視

最近のPCは発熱量が多いので冷却が必須です。 CPUなんかは冷却しないとすぐに触れないような温度になるので冷却ファンの故障は致命的です。 なのでCPU温度やファン回転数などを監視するのはわりと重要なのです。 Linuxではlm_sensors、FreeBSDではmbmonなど…

viでカーソルキー

viでカーソルキーなんか使うのは邪道だ!という声が聞こえてきそうですが、低レベルviユーザの私はついついカーソルキーに手が伸びてしまうのです。 環境によってはインサートモードでカーソルキーが使えず"A"や"B"が入力されてしまうことがあります。 xterm…

SolarisでFirefox

ネタがないので私的なSolarisメモになりつつあります。なんてこった。 あんまりSolarisをデスクトップ用途に使うつもりもありませんが、Windows PCを立ち上げるのが面倒なときなどにウェブブラウザくらいは使えた方がよいのです。 Solaris10ではデフォルトの…

Solaris10 x86

お亡くなりになった自宅サーバを復活させにゃいかんなあと思いつつ1週間が過ぎてしまいました。 以前はDebianを使っていましたが、他のOSも触ってみようかということで比較検討。 やっぱりDebian (apt最高) CentOS (無料のRHELクローン) Gentoo (パッケージ…

HDDフォーマット

起動しなくなったLinuxのHDDをフォーマットしてみたら、エラーなく完了してしまいました。 syslogにも何も出てないし、アタックされるようなポートも開けてないのでなぜファイルが破損したのか不明です。 HDDは無事でよかったですが、それはそれで勝手にファ…

DeleGate

DeleGateは日本産のプロキシサーバです。 HTTPプロキシと言えばたぶんsquidが圧倒的に有名ですが、DeleGateはHTTPだけでなくFTP、POP3、SMTP、Telnetなど様々なプロトコルを中継することができます。 さらに、任意のプロトコルをSSLに乗せることができたり、…

自宅サーバ死亡

Debianで運用している自宅サーバがお亡くなりになってしまったようです。 140日余り連続稼働していたのですが昨日の朝見たら画面が固まっていました。 再起動してみたものの/bin/shや/bin/loginすら使用できません。 KNOPPIXで起動してみたら、mountはできる…