読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードウェア監視

最近のPCは発熱量が多いので冷却が必須です。
CPUなんかは冷却しないとすぐに触れないような温度になるので冷却ファンの故障は致命的です。
なのでCPU温度やファン回転数などを監視するのはわりと重要なのです。
Linuxではlm_sensors、FreeBSDではmbmonなどのツールを使えばCPU温度やファン回転数を取得できます。
WindowsではSpeedFanあたりが有名でしょうか。
Solarisにもprtdiagというコマンドがあり、CPU温度やファン回転数を取得できるようです。
早速試してみました。

# prtdiag
prtdiag: not implemented on i86pc

インテル版では実装されてないよ」orz
だったらコマンド残しとくなよ!
CPU温度などを定期的に取得してグラフ化するとけっこう面白いんですがx86 Solarisじゃできませんか。残念。